ヨガナビ > 神奈川県のヨガ教室・スタジオ

神奈川県のヨガ教室・スタジオ

  21 - 40 ( 290 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]

住所:神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-2川崎三恵ビル6F

TEL:03-5468-8834

定休日:毎週金曜


↓初回トライアル(体験レッスン)を動画でチェック。


初回トライアル(体験レッスン)の予約はこちらから
↓↓↓↓↓
ホットヨスタジオLAVA体験レッスンお申込みページ


ホットヨガスタジオLAVA東戸塚店
住所:神奈川県横浜市戸塚区品濃町516-5 パラダイスガーデンビル 7F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA湘南台店
住所:神奈川県藤沢市湘南台2丁目10-7 マーベルスクエア 6F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA藤沢店
住所:神奈川県藤沢市南藤沢21-8 大安興業ビル3F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA関内店
住所:神奈川県横浜市中区真砂町3-33 セルテビル 8F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA網島店
住所:神奈川県横浜市港北区綱島西3-1-20 アイルイン綱島 B1F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA横須賀中央店
住所:神奈川県横須賀市若松町1-21-10 横須賀ベイサイドビル 3F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA平塚店
住所:神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚 3F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVAルララこうほく店
住所:横浜市都筑区中川中央2-2-1 ルララこうほく4F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVAたまプラーザ店
住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-14-7 たまプラーザT&Tビル2F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA青葉台店
住所:神奈川県横浜市青葉区青葉台1-6-16 GHビル2F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA横浜西口店
住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-13-8 第一建設ビル別館 3F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-2 川崎三恵ビル6F
TEL:03-5468-8834

ホットヨガスタジオLAVA上大岡店
住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-11-7 第10オーヴァルビル4階
TEL:03-5468-8834

ジャパンヨガアカデミー相模大野
住所:神奈川県相模原市南区相模大野3-19-11 日広第二ビル5F
TEL:042-701-1316

ジャパンヨガアカデミー相模大野
住所:神奈川県相模原市南区相模大野3-19-11 日広第二ビル5F
TEL:042-701-1316

Infinite Yoga
住所:神奈川県横浜市港南区上大岡東2-2-1ドリッテ2階
TEL:08030113235

Day Leaf Coffee
住所:神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-15
TEL:045-353-5501

bru-pilates
住所:神奈川県横浜市鶴見区
TEL:

zuci yoga(シュチ ヨガ)
住所:神奈川県平塚市
TEL:

YunaYoga
住所:神奈川県横浜市中区万代町2-4-7
TEL:

住所:神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-2川崎三恵ビル6F

TEL:03-5468-8834

定休日:毎週金曜


↓初回トライアル(体験レッスン)を動画でチェック。


初回トライアル(体験レッスン)の予約はこちらから
↓↓↓↓↓
ホットヨスタジオLAVA体験レッスンお申込みページ


  21 - 40 ( 290 件中 )  [ ←前ページ / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 => / 次ページ→ ]

- Yomi-Search Ver4.22 -

神奈川県の豆知識2
神奈川県といえば、鎌倉が有名です。鎌倉を代表する行事の一つに「鎌倉まつり」があります。鎌倉まつりは、昭和34年から鎌倉市の観光協会が中心となって行なわれており、主に鶴岡八幡宮を中心に鎌倉市内全域で様々なイベントが行なわれます。特に「静の舞」や武士の格好をして馬に乗り、矢を打つ「流鏑馬」は、観光客が一番見たいとするイベントの一つで毎年想像以上の人出で賑わいを魅せます。鎌倉まつりの特徴としては、何日間に分けて行なわれる訳ではなく、初日にパレードや静の舞が行なわれ、鎌倉を都とした源頼朝が1199年1月13日に亡くなった事から13日に源頼朝公墓前祭、第3土曜日に義経まつり、最終日に流鏑馬という流れで開催されており、流鏑馬は鎌倉に凱旋しようとした義経が腰越の満福寺で逗留を余儀なくされただけでなく、頼朝からの許しを得られなかった事から京へ帰ったという説がある事から、満福寺で開催される事となったのです。



お問い合わせ教室・スタジオ登録プライバシーポリシー利用規約・免責事項