';?> 立って行うアサナ - ヨガ教室スタジオ検索のヨガナビ
ヨガナビ > アサナと呼吸法 > 立って行うアサナ

立って行うアサナ

立って行うアサナの中でも代表的なものをご紹介して行きましょう。ヨガのアサナを練習するときは、必ず左右対称に行うようにしましょう。

【ウィーラバッドゥーラーサナ】英雄のポーズ

力強く優美なポーズです。強靭な下半身と全身のバランスによって、グラウンディングを強く感じられるポーズのひとつです。 足は大きく開いて立ち、右脚は外側に向け、左脚は少し内側に向けます。息を深く吸い込みながら、両腕は床と平行になるように伸ばして、指先までピンと伸ばします。次に息を吐きながら、右膝をぐっと曲げて腰を落として行きます。左右の足でしっかりと床を掴みながら、行います。終始顔は右手の先を見るように視線を固定させておきましょう。 このポーズは、下半身の強化に最適です。お尻や太ももなどたるんだ部分にアプローチして引き締めます。最初はグラグラしてしまうかもしれませんが、練習するごとに筋力がつき、安定したポーズがとれるようになると同時に、集中力が高まり、マインドを強く持てるようになります。

【ウッティタ・トリコーナーサナ】トライアングルのポーズ

ヨガのアサナの中でも有名なポーズです。普段ストレッチする事が難しい腰から背筋、脇腹などに強力にアプローチするアサナです。 両足を大きく開いて立ち、右足は外側に向け、左脚は正面に向けます。(ちょっと腰がねじれる感じです。)両腕は床と平行になるように指先までピンと伸ばしてあげて下さい。息を深く吸い込みます。次に息を吐きながら、骨盤を傾けて、右足の方向に状態を倒して行きます。右手は右脚を握り、左手は天に向かっている状態です。視線は左手の先を見ます。 腰から背中にかけてグーッと伸ばされます。腕の先にたまった血流も流れるので、肩こりにも効果的です。ウエストや太ももが引き締まります。

【ブルックシャーサナ】木のポーズ

ヨガというとこのポーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?片足でバランスを取るポーズも沢山のバリエーションがありますが、このブルックシャーサナはそれらの基本形になります。 まっすぐつま先を正面に向けて立ち、左足を軸足にします。右足の膝を曲げて、右足の裏を左の太ももの内側にぴったりと付けて、ぐっと押し合わせるようにします。胸の前で合掌をしながら深く息を吐いて、次に息を深く吸い込みながら合掌した手を天に向けて伸ばして行きます。両腕で頭を挟み込むように腕を天に伸ばしたら、そのままキープさせます。 片足でバランスをとりながら、軸足も曲げた足どちらの筋力もアップさせる事が出来ます。このポーズをとりながら、深い呼吸をする事で、血液やリンパの循環はアップして、冷えやコリなどの解消につながります。太ももなど足全体を引き締めます。