';?> チャクラとは? - ヨガ教室スタジオ検索のヨガナビ
ヨガナビ > チャクラとマントラ > チャクラとは?

チャクラとは?

チャクラとはサンスクリット語ですが、日本語訳をすると「車輪」という意味になります。プラーナ、気などの生命エネルギーを出し入れする、言うなれば「エネルギーセンター」のような場所の事を言います。

身体の体幹部分から頭頂にかけて、尾てい骨から脊椎を通り、頭頂までをつらぬくこのライン上の7ヵ所にチャクラは存在しています。それぞれのチャクラはグルグルと車輪のように回転しつつ、エネルギーを出し入れしているのです。チャクラが放出するエネルギーは身体の外にも送られるので、これらの放出されたエネルギーが人の雰囲気、オーラなどを作り出すと言われています。 このチャクラの回転数が落ちて遅くなってしまったり、チャクラが働かなくなってしまうと、人は病気になったり、感覚の鋭敏さが失われてしまうと言われています。 ヨガのプラーナヤーマで取り入れた生命エネルギーであるプラーナは、もちろんこのチャクラにも流れ込みます。取り入れたプラーナはチャクラでぐるぐると回転し、エネルギー交換は活性化されて、身体のすみずみまで良い波動のエネルギーが充満する事が出来るのです。

チャクラを意識する

ヨガだけでなく、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダやチベット密教などでもこのチャクラの存在が伝承されています。現在では、西洋医学の分野でも、チャクラを意識化することで、心の働きを活性化させ、体調を向上させる効果がある事などが分かり、この古くからのヨガの教えは世界に認められつつあります。 チャクラを活性化させるために、最も有効であるのが、ヨガのアサナ、プラーナヤーマなどの練習を重ねる事だと言われています。また、チャクラに対応するマントラ(真言)を唱える事で、チャクラの波動を上げる事も効果的です。 普段の生活をしている時に、チャクラを感じる事はかなり難しいですよね。まずはそれぞれのチャクラを意識して、エネルギーが渦巻く様子をイメージしてみて下さい。チャクラを意識する事で、身体と心に対する理解が深まると思います。