';?> 第五チャクラ:ヴィッシュダチャクラ - ヨガ教室スタジオ検索のヨガナビ
ヨガナビ > チャクラとマントラ > 第五チャクラ:ヴィッシュダチャクラ

第五チャクラ:ヴィッシュダチャクラ

位置:咽、甲状腺の位置
対応器官:咽、甲状腺、副甲状腺、気管支
対応機能:味覚、嗅覚、聴覚、知識l、創造性、判断力
色:青
マントラ:HAM(ハーム)
蓮の花弁:16枚

ヴィッシュダチャクラは咽に位置しています。味覚や嗅覚、聴覚などの感覚器官や、人が生きるために必要不可欠な甲状腺ホルモンを生み出す甲状腺、副甲状腺を支配しています。第一チャクラからの色を見ていただくとお分かりのように、対応色は身体の上部に近づくにつれて、寒色系を帯びてきます。そしてこのヴィッシュダチャクラではついに青になり、蓮の花弁も増えてきました。 ヴィッシュダチャクラは知識や判断力など、冷静な知性の働きにかかせないチャクラです。このチャクラが活性化されると、甲状腺の働きも理想的になり、全身は活性化され、代謝がスムーズに行われるので、若々しい身体と精神を得る事が出来ます。また、芸術的な感覚も鋭敏になるようです。ヨガのアサナでは、このヴィッシュダチャクラを刺激するものが多くありますので、それらのアサナを行うときは、このヴィッシュダチャクラをイメージすると良いでしょう。 第五チャクラの働きが鈍くなると、知力の働きが弱まり、感情的な波、本能に振り回されてしまいがちになります。知性と心と身体がバラバラになり、統合されなくなってしまうのです。チャクラが閉じて、甲状腺の働きが弱まると、代謝機能が落ち、生命エネルギーが低下して、何事にもヤル気がなくなり、身体は冷え切ってしまいます。 ヴィッシュダチャクラの対応マントラはHAM。しっかりとこのチャクラを意識して、マントラの音の波動でチャクラの動きを活性化させましょう。