';?> 練習前の心得 - ヨガ教室スタジオ検索のヨガナビ aa
ヨガナビ > ヨガの実践 > 練習前の心得

用意する物は?

ヨガをするために、必要なもの…それは動きやすい服装と、ヨガマットを敷けるほどのスペースです。極端な話、身体とそれだけのスペースさえあれば、いつでも何処でもヨガを実践する事が出来ます。 とはいえ、やはりウェアやカラフルなヨガマットなどがあると、気持ちも引き締まりますし、気分的にヤル気が沸いてくるというものです。 ウェアは動きやすく、汗を吸い取ってくれて、通気性の良いものがベストです。Tシャツなどでも構いませんが、アサナの練習をしている時には、身体にぴったりフィットしたウェアの方が断然動きやすいかと思います。 ヨガマットはほとんどのスタジオでレンタルしてくれると思いますが、自宅でも練習するために自分専用のマットを購入するのが良いでしょう。カラフルな色のマットが沢山出ていますので、好きな色を選ぶと良いでしょう。 季節にもよりますが、アサナの練習を一通りこなしていくと、かなり汗が出てくると思います。夏などは汗がヨガマットにたまって、滑ってしまうこともあるため、マットの上にラグを敷いて練習する場合もあります。

ヨガをする前に注意する事

ヨガのアサナは呼吸法とともに行います。アサナは内臓にまで刺激を与えるものなので、食後2時間位たってから行いましょう。出来ればヨガ前2時間ほどは間食も控えた方が良いでしょう。たまにスタジオに水を持ち込んでヨガをしている人もいますが、ヨガはエクササイズとは違いますので、これはNGと思って下さい。水分補給は練習後にたっぷり行えばよいでしょう。また、スタジオによっては、練習の前後に石鹸で手をよくあらい、口を十分にすすぐ事を徹底して指導している本格的なところもあります。 その日の体調にも注意して下さい。女性の場合、生理開始から3日間ほどの期間は、練習をお休みする事をすすめているスタジオも多いと思います。生理中は身体の分解掃除が行われている期間なのです。体質的にもデリケートになっていますので、この期間は身体を十分に休めて、次のヨガの練習に備えておくのがベストでしょう。同じように、風邪をひいていたり、熱があったりしたときは、練習はお休みして、身体をゆっくりと休めましょう。